審美的治療 ホワイトニング

 
 Contens

 審美的歯科治療について
 きれいな口元とは
 セラミック(ジルコニア含む)による修復
 ホワイトニング
  草津中央歯科クリニックのホワイトニング
 治療費について

 

審美的な治療とは

 審美性を考慮した治療というのは日常的な治療の中で特別ではありません。私が治療を行う場合は常に審美性を考慮に入れています。具体的にひとつ例として、 虫歯を修復治療する場合はできうる限り、コンポジットレジンという歯と同じような色の材料で治療したのがわからないように修復します。健全な歯質を残し、 虫歯の部分だけ除去でき、歯の損傷は最小限ですむという利点もあります。一昔前と違い、削って、型をとり、金属の詰め物を接着するというやり方だけではありません。このように審美性を常に考慮しつつ、いろんな細かい技術を取り入れ治療を行っています。

ただ審美性を考慮するのは何も歯の色だけではありません

口元をきれいに見せる、きれいな口元というのはたくさんの要因が関係しています。特別に審美的治療というのは、口元全体の審美性をトータルに考えて治療を行うということです。

 

 

きれいな口元とは

 

 きれいな口元の条件

 口もとや歯を、きれいに、スマートに、清潔感をあたえ、上品に、見せよう、感じさせようとする場合、

 考えなければならないのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      歯の色、形態、歯並びがきれいかどうか
  唇との調和(歯の見え方)歯の並びが顔と調和しているかどうか(特に上前歯と両目 の平行性など)
  歯周病でなく健康な歯肉か、歯茎(歯肉)の炎症がないかどうか、歯石や歯垢(プラーク)で汚れてな

  いか、歯肉が黒ずんでいないか、歯の生え際の歯肉が退縮していないか
  不適切な修復物がないかどうか(以前の治療がきれいかどうか)
  金属が目立っていないか
  口臭がないか(喫煙も含む) などです。 

みなさん一番気になさるのが歯の色だそうです。しかし単に歯が白いだけでは、不自然な状態となります。歯の色は真っ白なホワイトではありません。また真っ白なホワイトは顔、唇の色に調和せず浮き上がります。高いものが必ずいいというものではありませんし、歯科医院で作るセラッミクの冠がどこも同じではありません。歯科医師、歯科技工士により千差万別なのです。
最近ではテレビがものすごく鮮明な画像を配信してくれるので、芸能人の歯、歯列、治療の状態がよく観察できます。決して満足のいく治療が施されているとはいいがたいです。
歯科医師を選ぶのは難しいですが、よくカウンセリングを受けて、信頼できる歯科医師を選ぶのが最適だと考えます。決して他人のうわさや、金額だけに惑わされないようにしましょう。

 

 


         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  どの歯がセラミック冠なのかわかりますか?

  特に草津中央歯科クリニックでオールセラミックにて歯を製作するときは技工士と協力し、患者様と

  歯科医(私)が納得のいくまで修正をして仕上げます。

  ご覧のとおり歯は真っ白ではないのです。単一な色でもないんです。

​  治療例1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療例2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに金属や硬質レジン冠(健康保険適応の冠)などをかぶせている場合は、虫歯の修復、歯茎の治療などを経てセラミックによる修復で天然歯のように修復できます。セラミックのみで制作する場合と、貴金属で裏打ちをしたセラミックメタルボンド冠の2種類があります。かみ合わせや設計により、どちらかを選びます。セラミックのみで制作するほうが天然歯の色合いを再現しやすく、歯茎にも色彩がなじみやすいです。
 金属やアマルガムなどの部分的な修復には、セラミック修復や、直接コンポジットレジンで修復し審美性を改善できます。
 金属修復物は特に下の歯の第一大臼歯より前の歯ではよく目立ちます、上下ともに小臼歯は特に目立ちます。 
セラミックにて修復する場合は、健康保険適応外です。そのため全額自費治療になりますが、その分、材料は歯科医学的に高度なものが使用でき、技工士も 非常に精密に、個人にあわせて、形態や歯の色が製作できます。セラミックで製作したというだけでく、補綴物的に非常に高度なものができるということです。また形態や色は製作段階で満足のいくまで修正します。これが非常に大事です。

 

ホワイトニングについて

 


 修復物がなく、歯の汚れや黄ばみには、歯の専門的クリーニングや、ホワイトニングで自然な歯の色を取り戻します。タバコのヤニなども、きれいに除去できます。

 

 天然の歯の黄ばみやステイン(しみ)などを除去し、白さを元に戻す処置です。だれでも歯の黄ばみは経年的に増して行きます、もちろん病気ではありません。アンチエイジ ングの一つと考えるか、美容のひとつと考えるかいろいろ考えはありますが、見た目の印象、笑ったときの印象や清潔感は、ホワイトニングでアップするのは誰もが知るところとなっています。

 

 ホワイトニングは

 歯の本来の色を薬剤で白くしていく処置(ホームホワイトニング)

  歯のステイン(汚れ)を専門的清掃できれいにする処置の2つがあります


 

   専門的歯面清掃

  歯面を特別な清掃材で隅々までピカピカに清掃します。主に歯科衛生士の担当です。

 ホームホワイトニング

 

 歯のホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医院でしか取り扱えないようになっています。特にホームホワイトニングで使用する薬剤は正しく使用すれば特に危険な薬剤ではありませんし米国では、ドラッグストアなどで自由に購入することができます。しかし日本では薬事の関係で歯科医師の管理の下でしか使用できません。したがってホームホワイトニングの場合は歯科医院で歯型をとり、ホワイトニングトレーを製作し、薬剤を販売し、家庭で使用してもらうというシステム になっているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治療例

  ホームホワイトニングの例(60代女性 開始から2週間程度)

  効果がよくわかるように上の歯だけホワイトニングを終えた時点の例です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治療例

  上の右側の折れている前歯はオールセラミック冠にて修復

​  上の歯はホームホワイトニング実施後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草津中央歯科クリニックでのホワイトニング (ホームホワイトニング)

 ホワイトニングは年齢を問わずどなたでもできます。ただセラミックやレジンなどの冠(かぶせている歯)やレジンなどの修復物は対象にはなりません。天然の歯の経年的な黄ばみが対象です。

テトラサイクリンによる灰色の縞模様のような変色は例のようにあまり効果がありません。

ホームホワイトニングはご家庭で簡単に歯をきれいにすることができます。

そのほかにオフィスホワイトニングという方法があります。

 一般的にオフィスホワイトニングは歯科医院で歯に過酸化水素の薬剤を作用させる方法ですが、過酸化水素は歯に刺激が強すぎるのと、あまり効果の疑わしい可視光線(色の光)をあてて高額な処置になっています。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングで効果は変わりません。そういう観点から草津中央歯科クリニックではホームホワイトニングしか行っておりません。

 



診査、検査
 現在の色が白いか黄ばんでいるか判断の難しいときがありますが、病気ではないので本人の感覚や希望が優先されます。ご希望の方には、ホワイトニング前後の歯の写真撮影を行い効果を確認してもらいます。

事前準備
 歯茎の炎症や、歯石、タバコ、紅茶などによる歯面の汚れは事前に治療、クリーニングを行います
その後歯型を採りホワイトニングトレーを製作します。 

ホームホワイトニングについて
 各個人の歯列にあわせて制作したトレーにご家庭で、ご自分でホワイトニング薬剤を塗布し、歯にトレーをセットします。1日数時間もしくは寝ている間に装着します。ホワイトニング薬剤をたくさん 使用しても効果が上がるわけではありません。歯の表面に薬剤が作用している時間が連続して長いと効果が出てきます。しかし毎日24時間ずっと、となると歯 へのダメージが増えますので、せいぜい1日6時間程度までにし、毎日きちんと行うことが必要です。1週間から2週間で効果が目に見えてきます。一旦歯が白 くなりそれがそのまま継続するわけではありません。経年的に黄ばんでくるので、なかには1年から数年ごとにホワイトニングをおこなわれているかたもおられ ます。

 使用する薬剤の主成分は10%過酸化尿素です。歯科医師の指示どおり使用を間違えなければ全く安全な薬剤です。

 

ちょっと余談でも大事なこと 

よくある例です

  口呼吸による汚れ除去の例



 

 歯科医院で簡単に専門的清掃できれいになります

 

 

  

 患者様から相談をうけたことですが

このような汚れに対して、エステサロンでホワイトニングを勧められ、やはり光をあてて白くするようなことを勧められたようです。しかも高額な歯磨剤も必要以上に勧められたということです。

現在歯科医院でしか歯に対しての処置は法律で認められていません。

したがってエステサロンではご自分でするというシステムになっているようです。

この前歯の汚れは口呼吸による、特に前歯の歯面が乾燥することによる汚れで、特に歯科医院で簡単に除去できるものです。

 

 

 間違った情報には気を付けましょう

巷には特に新聞、ラジオ、雑誌などで、歯が白くなる歯磨剤、エキス、サプリなどが毎日のように宣伝されていますが、詐欺に近いほど効果はなく、研究や実証 など何らないまま、医薬部外品として売られています。歯科医院で行うホワイトニング(過酸化尿素、過酸化水素を使用)以外はまったく効果がありません。~酸などは効果がありません。
タバコのヤニなどは歯の表面に物理的に沈着したものなので、ホワイトニングで除去するものでなく、歯科医院にて簡単にクリーニングしてきれいになります。上のような口呼吸による歯面の汚れも同じです。

 歯科医院でのホワイトニングはそういったものと一線をおく処置として、きちんと研究や実証があります。また正しく使用していただければ、確実に手軽に歯は白くなります。

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。私はホワイトニングを希望される方全員にホームホワイトニングをお勧めしています。逆にオフィスホワイトニングは数年前から行っていません。患者様にとってホームホワイトニングのほうが、安全で、低予算で、手軽に行えるからです。現実的にホワイトニングは病気ではありませんので処置費用は健康保険適用外であり、そのため多くの歯科医院では特にオフィスホワイトニングでは 付加価値をたくさんつけて処置費用が高額になっています。どちらも効果に差はなく、むしろオフィスホワイトニングでは、あまり効果のない機器などを使用していることが多いです。

 エステサロンなどでホワイトニングを行っているという広告をみますが、歯科医院以外で歯に処置をするのは違法です。おそらく効果のない光を患者さん自らに歯にあてさせ、高価な歯磨剤やその他を何回も販売するのが流れになっているようです。悪質なエステサロンでは歯科医院と提携してますなど、歯石除去などを依頼するにとどまるような、あまり効果のない宣伝をしているところもあります。

ホワイトニングに関しては、信頼できる歯科医院に相談に行くようにしましょう、そしてエステの店員や歯科衛生士ではなく必ず歯科医師に相談しましょう。高価な歯磨剤は必要はなく全く効果はありません。

 

 

 治療費について

​  健康保険適応外治療

  検査、診査、材料費すべて含まれています。(税別)

 セラミック修復
  オールセラミック冠(ジルコニアベース)100,000円
  セラッミクメタルボンド冠        80,000円
  ハイブリッドセラミック冠(大臼歯)   50,000円
  セラミックインレー           30,000円
  

 ホワイトニング
  ホワイトニングトレー 片顎       7,000円
  ホワイトニングジェル シリンジ1本   2,000円
  (前歯6歯で2~3本必要)

 歯のクリーニング(PMTC)
  歯科衛生士による専門的機械的歯面清掃  4,000円
  タバコのヤニ除去も含みます。歯石除去は含まれません。

  口呼吸による歯面の清掃など

草津中央歯科クリニック

TEL077-565-8038

診療時間

午前 9:00~1:00

午後 2:30~6:30

​ 土曜午後

   2:30~5:00

休診日

​木曜日 日曜日 祝日

〒525-0028

​滋賀県草津市上笠2-32-3

 クリニックへのアクセスは

​  画面を下にスクロール

  してください

来訪者累計

​CONTENTS