虫歯リスク評価  

      

​唾液検査、細菌検査

​ゼロカリエス

ゼロカリエス

Contents

虫歯予防管理とは

​ 草津中央歯科クリニック独自の管理システム 『 ゼロカリエス 』

 虫歯リスク唾液、細菌検査

 実際の管理処置

歯科健康診断(歯科ドック)

​料金について

虫歯予防管理プログラム

虫歯予防管理とは

 虫歯は、小さいうちは痛みもなくほとんど気づくことはありません。エナメル質の表層の初期虫歯以外は修復治療の対象になります。修復治療とは虫歯の部分(黒や茶色になってエナメル質や象牙質の結晶がくずれやわらかくなっているところ)を取り除き人工材料で修復(埋める)ことになります。

 虫歯治療は虫歯になったところを修復しているだけで、その歯が虫歯にならないようにしているわけでもなく、虫歯になりにくいようにしているわけではありません。

 また虫歯ができるということは、食生活習慣管理やブラッシングなどが不十分であることが予想され、同じような状況では再び、その歯かあるいは他の歯が再び虫歯になることは十分可能性があります。

 虫歯を修復したレジン、金属、セラミックは虫歯にはなりませんが、それらと歯質の境界は天然の歯よりずっと虫歯になりやすく、また壊れたり、外れたりすることもあります。

生涯で考えてみると、同じ歯を何度も治療していることはたくさんあります。

 つまりいったん虫歯になり修復しても再度治療することになるということは多々あるということです。

治療より予防することに重点を置いた方がいいということになります。

 

 よほど歯に関心をもち、正しい知識を得て、継続的に取り組んでいかないと、単純に歯磨きを頑張ればよい、時々フッ素を塗ればよいという程度では、確実に虫歯ゼロは難しいことかもしれません。

最近では歯の大切さ、重要性を意識し、積極的に虫歯ゼロを念頭に置き、継続的に取り組んでいこうと考える方々、そういう価値観をお持ちの方々も増えてきています。

トレーナーについてマンツーマンで体を鍛えたり、ダイエットしたり、各個人にあわせておこなうサービスが増えてきていますが、それに似たような感じですね。

積極的に虫歯を作らないように介入するプログラムです

 

 歯磨きを頑張ってくださいだけではなく、定期的にフッ素を塗布したらいいですよだけではなく、定期的なブラッシングのチェック(プラーク染め出し)、脱灰も含めた虫歯、初期虫歯のチェックや処置、食生活習慣の聞き取り、改善アドバイス、唾液の量や、緩衝能の検査、虫歯菌の検査、対象となる方の家族の口腔衛生の検査チェック、その他 などなど 虫歯のリスクとなることすべてを洗い出し、各個人の虫歯リスクを評価し、各個人に応じて、フッ素や歯磨剤、薬用洗口液などを使用し、リスクをなくして継続管理していくかたちの、虫歯予防管理プログラムをつくります。

その後定期的に、継続して検査やチェック、処置を行い、末永く虫歯ゼロを目指してもらうプログラムです。

 もちろんお子様から対象です。

 2~5歳児の場合はできうる検査、処置のみになり、リスク検査も幼児用があります。

 

 

虫歯予防管理プログラム

​ ゼロカリエスの実際について

 虫歯リスク検査 何を診るか

        口腔内写真撮影

            ご自分のお口の中は普段なかなか見れないものです。現状をみることでモチベーションはアップし

     ます。変化があれば撮影しますので記録としても有用です。

   レントゲン撮影検査

        特に金属や修復物の境界や歯と歯の隣接面の虫歯を診ます。

      虫歯の場合、エナメル質表層か象牙質まで達しているかでは対応が異なります。

     適合不良な金属などは虫歯リスクが高いです。

   視診

    拡大鏡を使用した直視下での検査です。

    レントゲンに映らない場所や脱灰(ホワイトスポット)、歯の溝(咬合面裂溝)などのチェック。

    歯列不正なども確認できます。 

    

   唾液、細菌検査

    唾液の量の検査で正常に唾液が出ているか判定できます。

    唾液を外部検査機関に検査依頼し虫歯の原因菌3種の定量検査をします。

    (S.mutansu菌 S.sobrinus菌 Lacuobacillus菌)

    その他

     プラーク付着状況、虫歯の経験歯数、歯磨き習慣等を入力しリスクチャートを表にして

     提示できます。

 

   

 

 

 

 

 

   

 

   食習慣調査(歯磨き等の習慣調査含)

       最低平日2日 休日1日(場合によってはそれ以上)の食習慣(口に入れるものすべて)を各自

     記入していただきます。専用の書式をお渡しします。歯磨き等の習慣調査も含まれています。

     かなり詳しく正しく記入してもらう必要があります、また食習慣を記入するということで改善すべ

     きところが自覚できます。

            これを解析し改善の必要がある場合は適切な改善アドバイスができます。

     長期の虫歯予防を考えたとき食習慣が一番重要になります。

     

         プラーク染色

     歯の表面に付着しているプラークの分布がわかります。

     特に磨けていないところが確認できます。

     同時に衛生士によるブラッシング指導も行います。

     歯間ブラシ、フロス(糸ようじ)等の使用も習慣づけるきっかけになります。

         歯磨き等の習慣調査

       歯磨きの習慣(回数、時間、歯磨剤、フッ素の使用状況など)も虫歯リスク評価に入ります。 

   

     過去の虫歯歴

               3年以内の虫歯歴があるかどうかも虫歯リスク評価に入ります。

   虫歯リスクを4段階に分けて表します

    上記のような検査をもとに、ご自身の虫歯リスクを評価し簡単に4段階に分けて表します。

     (ローリスク ミドルリスク ハイリスク エクストリームリスク)

    リスクごとに虫歯予防管理処置を行い、また実践していただくようになります。

    予防処置やプログラムを適正に実践していただくことでリスクはローリスクに近づけていきます

    そしてプログラムを着実に継続していただくことで虫歯ゼロをめざします。

    

    

 実際に何をして予防するのか

  実際の管理予防処置

  (検査によるリスクに応じて頻度内容はかわります)

  

    ブラッシングチェック、ブラッシングトレーニング(プラーク染色)

   フロス、歯間ブラシ使用トレーニング

  

   フッ素の使用管理(歯磨剤、洗口液、ジェル)

     例えばリスクの高い方は1日2回以上のフッ素配合歯磨剤によるブラブラッシングや

     フッ素洗口、お子様の場合はフッ素ジェルの塗布など

   

   薬用洗口液(グルコンサンクロルヘキシジン液)使用管理

     虫歯菌のリスクが高い方は毎日の薬用洗口液の使用など

    

   キシリトールガムの使用推奨

             唾液量の少ない方や唾液緩衝能の低い方は積極的にキシリトールガムを使用することで唾液分泌

     を促します。

   

   食習慣管理改善アドバイス

     詳細な改善アドバイスや飲食物の虫歯リスクの解説など

   

   初期虫歯処置(脱灰等の対応)

     高濃度フッ素の使用による再石灰化処置

    

   定期検査

​   定期リスク評価

   

   定期予防処置

     歯科衛生士による専門的機械的清掃(PMTC)フッ素塗布など

  

 

 

 虫歯予防管理プログラムの流れ

    

 初回

       

    

            

 2回目以降

 

 

  

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

     ↓

 

 

 

 

料金について(税別)

   健康保険適応外です

    初回 虫歯リスク検査、評価1、管理プログラム作成費  20,000円 

                        

                        

               

 

         定期検査A 虫歯リスク評価         6,000円            

               唾液、虫歯菌検査、視診等  

         定期検査B 虫歯リスク評価           2,000円

               視診、レントゲン検査等

         

         定期検査C 視診 チェック等        定期予防処置に含む       

         

         定期予防処置

                視診、チェック         5,000円

                                 プラーク染め出し、PMTC

                                           フッ素塗布等

            虫歯リスク唾液、細菌検査のみ 

            検査費用、結果説明           6,000円

  

 

 

 歯科健康診断(歯科ドック)

通常健康保険の範囲では健康診断はカバーされません。検査だけでは健康保険外になります。

歯科ドックでは 

通常の虫歯チェックに加え、レントゲン検査、拡大鏡による精密な視診、唾液検査による虫歯菌の検査、

口腔内写真による現状の撮影、確認、歯周組織検査による1歯単位の歯周病検査、プラーク付着部位の確認とブラッシング指導、検査結果に加え、治療の必要性や方法などの詳しいカウンセリングをセットにした検査を行います。

​オプション検査として重症な歯周病と関係のある歯周病菌の有無、定量の検査もできます。

​  すでに治療済みの歯に対しても再治療が必要かどうかも診断します。

  現在の状態、検査結果等はすべて紙媒体で提示できます。

  

  検査、ブラッシング指導時間 1時間程度

  検査より10日後以降 検査結果報告、カウンセリング

  

  検査項目

   視診

   レントゲン検査  

   虫歯菌検査 

   唾液検査

   歯周組織精密検査

   プラーク量検査

   ブラッシング指導

 

  料金(税別) 15,000円

  オプション検査

   特定歯周病菌検査(PCR法)  8,000円~20,000円(1菌種~5菌種)

​  

定期検査(AまたはBまたはC)

虫歯リスク評価2

定期予防処置

虫歯リスクに変更があれば予防処置も変更

虫歯リスク検査

  虫歯リスク評価1

​  予防処置、管理プログラムについて説明

  評価をもとに予防処置スタート

定期検査(AまたはBまたはC)

虫歯リスク評価3

定期予防処置

虫歯リスクに変更があれば予防処置も変更

初回以降は定期検査C、定期予防処置が基本です。(1~6か月ごと)

 ハイリスク、エクストリームリスクの方は6か月~1年後、定期検査Aや定期検査B、定期予防処置を行い、ローリスクに変化すれば定期検査C、定期予防処置を1~6か月ごとに繰り返していきます。

 定期検査A

  虫歯リスク検査 唾液、虫歯検査

  虫歯リスク評価

  視診、問診、チェック等

 定期検査B

  虫歯リスク評価

  視診、問診、チェック等

  

 定期検査C

  視診、問診、チェック等

​ 定期予防処置

  プラーク染め出し、ブラッシング指導

​  衛生士によるPMTC

草津中央歯科クリニック

TEL077-565-8038

診療時間

午前 9:00~1:00

午後 2:30~6:30

​ 土曜午後

   2:30~5:00

休診日

​木曜日 日曜日 祝日

〒525-0028

​滋賀県草津市上笠2-32-3

​ドラッグユタカ西草津店向かい

 クリニックへのアクセスは

​  画面を下にスクロール

  してください

来訪者累計

​CONTENTS